記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20cube水作り

こんにちは、kimiですよ。

アクアリウムで良く目にする言葉。
強い水、種水、できた水など、水作りに関してですが…

正直私もなんとなくしか分かりません(๑•̀ㅂ•́)و✧

できた水は輝いているとか言いたいことは分かりますけど、初心者の方にはさっぱりだと思います。

そこであえて無茶を承知で断言します。
生体と水草を正しく育成してれば水は勝手に出来上がります。あまり気にしなくて良いです。

バクテリアの元とか色々な商品が出ていますが最初は必要なし!水草植えようよ!って感じです。

宇宙実験用にメダカを密閉容器で飼育するパーフェクトアクアリウムで使用するバクテリアは自然に繁殖したバクテリア群だそうです。
自然の力にはかなわないので自然に任せましょう。

自然にまかせて水を作るのは時間がかかります。立ち上げて1週間ってのはほんの触りで、半年~1年…状況によってはもっと長い期間がかかるものです。

アクアリウムは熱帯魚を飼うのと同時に水槽内のバクテリアの繁殖を楽しむようなものですね。

もうひとつもの言いたいのがパイロットフィッシュ!

よく水槽を立ち上げてすぐにパイロットフィッシュを入れないとアンモニアが出ないので立ち上がらない的な話を目にしますが、そんな簡単なものじゃないと思うんですよね。
バクテリアは種類は多種多様でアンモニアや亜硝酸塩を分解するバクテリアだけが必要なわけではありません。

途中で水が白濁する事がありますが臭いを嗅いでみて腐敗臭が無ければそのまま放置でオッケーです。バクテリアの繁殖や入れ替わりだと思います。自然に収まります。この時に魚が入っていたら…恐ろしい(^-^;;

我が家はレイアウト素材や浮草からバクテリアが入った為か今はこのような状態。

最低でも白濁が収まるまでは生体投入は待ちます。

ポチっとお願いします。
やる気がupします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ 初心者アクアリストへ

何かご購入の際は是非こちらから~(*´艸`*)



スポンサーサイト

コメント

No title

個人的な判断ですが
導入初期は水替えの度に白濁りが発生しますが
茶コケが消える頃から水替えしても濁らなくなるので

パイロットフィッシュを入れて1週間で水はひとまず出来上がって、茶コケが消えたらそれが安定していると思ってます(´・ω・`)

丈夫な熱帯魚は水がひとまず出来上がった時点で導入しちゃいますけどね(笑)

水作りは十人十色でみんなそれぞれのやり方でやってるんでしょうね。
同じ形の水槽を2個並べて同じように管理しても同じ結果にならないらしいですし(^-^;;

気温や湿度、バクテリアの増殖、換水、餌や生体の量…様々な要因がからんで水質のバランスが取ればそれがその水槽で良い水なのかなと思います(๑•̀ㅂ•́)و✧

No title

呼び水するとき、うっかり飲んでも飲める水、
が、いい水・・・とか冗談ですが、
先日、うっかり飲んでしまったところ、
全然飲める水でした。
水槽水で腹壊して☆になったら本望だ~(オイ

ようやく稼働した、
ビーシュリンプ用水槽では、
水作りに苦労しましたが、
お店からも「じっくりだよー」
と言われていたので、焦らずじっくりが
秘訣なのかも?

Re: No title

コメントありがとです!

シュリンプ水槽の水作り、未だに分かりません。
やっぱりソイルが必須なんですかね!?

以前、2度ほど富士砂で失敗してるので
つぎ挑戦するときは人生初ソイルかなぁ
じっくりやれば富士砂でも行けるかな!?

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。