記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【番外編】ダンボールコンポスト

こんにちわ!
アクアネタじゃありません!

一昔前、こんなことにはまってました。

ダンボールコンポスト!

って言っても、自分流に改良したので木製植木鉢コンポスト?

ピートモスともみ殻くんたんを混ぜたものに、生ゴミを投入して混ぜておくと生ゴミが消えて無くなります。

家庭で簡単にできるしゴミ出しのゴミがものすごーく軽くなります!量ももちろん減ります。

燃えるゴミの重さって、殆ど生ゴミの水分なんだなぁと実感しました。

コツというほとコツはないのですが、水分量をおにぎり握ってホロリと崩れるぐらいの水分量に保つことと、米糠を生ゴミの半分ぐらいの量を毎回入れると、冬場でも60℃近くまで発熱します。

翌日かき混ぜてみると前日の生ゴミはなし!

新たな生ゴミを投入して米糠入れて、よーくかき混ぜておくけばオッケーです。

ただ、ダンボールコンポストをダンボールでやると湿度でダンボールが痛むのとかき混ぜでダンボールを気遣う必要があるので、ちょっと大きめの植木鉢をお勧めします。

なんか、バクテリアを育てるという意味ではアクアとも通じるところがあるような気がしますね~。

>ゆさん
こんなところでどう?わかんないことあったら聞いてねー。私もまた始めようかな。
スポンサーサイト

コメント

No title

解説どうもありがとうございます(´・∀・`)
基礎知識はそれなりに蓄えてましたが
大事な部分が抜けてました!

そう、屋外にダンボールで実施した事ww
私も今度はもう少し頑丈な箱で
作ろうと思います!ヾ(*´∀`*)ノ

Re: No title

あ、屋外でもいいんですよー。私は寒冷地に住んでるので冬場は室内でしたが、やっぱり少しは臭います。

丈夫な植木鉢と、フタになる布(土嚢袋でもオッケー)があれば、屋外の雨風の当たりづらいところに置ければ問題なし。

生クズを捨てやすいところならなおよし。

ちなみに、ミミズコンポストなるものもあるんですよ?ご興味があれば調べてみるとハマるかも…。

ちなみに分解速度は、ダンボールコンポストを上回ります。肥料の質としても最高品質です。が…ミミズはねぇ…。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。